本の森/音の海

本と音楽についてのノート

ヴァンパイア・ウィークエンド「ファーザー・オブ・ザ・ブライド」

 

ファーザー・オブ・ザ・ブライド(特典なし)

ファーザー・オブ・ザ・ブライド(特典なし)

 

 タワーレコードの試聴機で耳にしたとき、軽い衝撃があった。

少しカントリーを思わせるサウンドとメロディアスな歌声。2ndアルバム『コントラ』は、アフリカン・ビートも取り入れた、もっとやんちゃな印象だったのだけど、いつのまにこんなに柔らかな音楽になったのだろう。久しく彼らの音楽から遠ざかっていただけに、ほとんど新しいバンドの音楽のように聴こえた。そして、すっかり魅了されてしまった。

とにかく、メロディーがどれも良い。細野晴臣さんの「花に水」をサンプリングした曲も、小品ではあるけど繊細な美しさをもっている。ネオアコとシカゴ音響派・・・特にサム・プレコップのソロのエッセンスを現代の感性で掬い取ったかのようなアルバムだ。

成熟していながらも瑞々しさにあふれた音楽。こうした音楽が堂々ビルボードで1位を獲得したのだから素晴らしい。普段チャートを意識することはめったにないのだけど、このニュースを知ったときは心の中で快哉を叫んでいた。

マイベスト河出文庫:マックス・エルンスト「百頭女」他

河出文庫には恩義がある。

高校時代に続々と文庫化された一連の澁澤龍彦の作品群は眩暈がするほど魅力的だった。「異端の肖像」、「幻想博物誌」、「秘密結社の手帖」、「夢の宇宙誌」、「黄金時代」・・・etc。書名を見るだけでも妖しいオーラを放っているように思えたものだ。特に「夢の宇宙誌」との出会いは忘れがたい。今でも「夢の宇宙誌」~「胡桃の中の世界」~「思考の紋章学」と続く一連の著作が澁澤の真骨頂だと思う。

 

夢の宇宙誌 〔新装版〕 (河出文庫)

夢の宇宙誌 〔新装版〕 (河出文庫)

 

 とはいえ、澁澤作品をいくつかあげて河出文庫は終わり、とするのはもったいない。澁澤龍彦についてはいずれ稿を改めて書きたいので、ここでは他の作品をあげたい。

 

さて、どれを選ぶか。まずは外国文学。すぐにでも復刻して欲しいジョン・ファウルズ「魔術師」や、イザベル・アジェンデ「精霊たちの家」、マイクル・コーニィ「ハローサマー、グッバイ」、ル=グウィンの三部作「西のはての年代記」など、忘れがたい作品が多い。

近年ではボルヘスの一連のアンソロジーに楽しませてもらっている。主な小説は評論・講演は岩波文庫にそろっているけれど、アンソロジストボルヘスを楽しみたいのなら、河出文庫一択だ。「幻獣辞典」、「怪奇譚集」、「夢の本」のどれもが素晴らしい。いずれ「天国・地獄百科」あたりも出てくれるとうれしい。

 

幻獣辞典 (河出文庫)

幻獣辞典 (河出文庫)

 

 しかし、ここで取り上げたいのはマックス・エルンストの一連のコラージュ小説だ。20世紀最高の奇書ともいわれる代表作「百頭女」だけども素晴らしいのに、「慈善週間」や「カルメル修道会に入ろうとしたある少女の夢」まで文庫化したのだから、まさにこれは快挙といえるだろう。できれば3冊とも手に取って欲しいけれど、どれか一冊となれば「百頭女」を、ぜひ。

 

百頭女 (河出文庫)

百頭女 (河出文庫)

 

 国内作品も負けてはいない充実ぶり。須賀敦子の全集や、久生十蘭の一連の短編集、鶴見俊輔コレクションなど、どれを選んでもよいのだけれど、今回はぼくの偏愛する一冊である、杉山二郎「遊民の系譜」をあげたい。

 

遊民の系譜 (河出文庫 す 11-1)

遊民の系譜 (河出文庫 す 11-1)

 

 東京は国立博物館に勤務していたこともある著者が、その知識を総動員して、日本からジプシーに至る、漂白の民、遊芸人たちについて活写したすこぶる楽しい本だ。ちょっと癖のある文体と豊富な引用が初めのうちはとっつきにくく感じるかもしれないが、慣れてくるとそれがなんともいえない“味”となって読者を魅了する。今は絶版なんだろうか。そうであれば、ぜひ復刊して欲しい一冊だ。こうした本がすぐ入手できる状態にあることが、文化の成熟といえるのではないかと思う。

マイベスト平凡社ライブラリー:林達夫・久野収「思想のドラマトゥルギー」他

 

思想のドラマトゥルギー (平凡社ライブラリー)

思想のドラマトゥルギー (平凡社ライブラリー)

 

 想像以上に懐が深いラインアップだな・・・この記事を書くために、シリーズ - 平凡社

に掲載されている平凡社ライブラリーの一覧を読んでみてまっさきに思った。

もちろん、定評ある文庫ならいずれも幅広い分野の作品を収録しているのだから、ことさら平凡社ライブラリーだけの特長とはいいきれないのだけど、それでも「中世思想原典集成」といった、いかにも平凡社らしい(?)作品が「古典BL小説集」といった、他では見られないアンソロジーと同居している様を見ると、自然に上のような感想が湧いてきたのだった。

 

なるほど、さすが森羅万象を網羅した「世界大百科事典」を刊行しているだけのことはある・・・そう、ぼくにとって「平凡社」という響きが連想させるのはまず「世界大百科事典」なのだ。そして、1955年にこれまでの「大百科事典」から「世界大百科事典」へと新たに生まれ変わったときの編集長を務めたのが林達夫である。となれば、やはりマイベスト平凡社ライブラリーから、林の本を外すわけにはいかないだろう。ラインアップには「林達夫セレクション」3巻があるけれど、格好の林達夫入門として推薦できるのは、久野収との対談集である「思想のドラマトゥルギー」だ。 

林達夫は達意の名文家としても知られている。ぼくが彼の名前を意識したのは、丸谷才一が「文章読本」で「旅順陥落」を引用していたことがきっかけだった。しかし、彼の「声低く語る」、無駄のないスタイルの文章を読んでいるだけでは、なぜ彼が山口昌男澁澤龍彦といった人たちに慕われたのかが、いまひとつ見えにくかった。

そんなもやもやを吹き消してくれたのが「思想のドラマトゥルギー」だった。久野収という、対等にやりとりできる気心の知れた相手に対して、林はのびのびとその豊かな知見を披露している。のみならず、自身の来歴や同時代の思想家についての論評も生き生きと語っているのだ。対談集は多々あれど、これほど話題が豊富で、未だに色褪せずに読めるのはまれではないか。きっと会話や書簡での林は、接する人に知的刺激を与え続けていたのだろう。いつか書簡集がまとめられたとしたら、きっと面白いに違いない。

 

 「思想のドラマトゥルギー」については、まだまだ語り足りないけれど、残りの2冊についてざっと紹介したい。

Twitterでぼくがリストアップしたのは、他に白川静「文字遊心」とミシェル・レリス「幻のアフリカ」だった。

 

文字遊心 (平凡社ライブラリー)

文字遊心 (平凡社ライブラリー)

 

 白川静のエッセイ集。平凡社ライブラリーには他にも、自伝「回思九十年」や「文字講話」シリーズがあるけれども、白川学入門としてこの本は「文字逍遥」と並んで格好の一冊だと思う。

  

幻のアフリカ (平凡社ライブラリー)

幻のアフリカ (平凡社ライブラリー)

 

 1000頁を超える厚さに圧倒されるが、内容もまたしかり。20世紀を代表する奇書のひとつだと思う。これが収録されたのは快挙。分冊にしなかったのが素晴らしい。

マイベスト講談社文芸文庫:塚本邦雄「王朝百首」・「百句燦燦」

 

王朝百首 (講談社文芸文庫)

王朝百首 (講談社文芸文庫)

 

 

 

百句燦燦 現代俳諧頌 (講談社文芸文庫 つE 2)

百句燦燦 現代俳諧頌 (講談社文芸文庫 つE 2)

 

 

 

講談社文芸文庫の登場は鮮烈だった。講談社のHPで創設時のラインアップを確認すると、丸谷才一忠臣蔵とは何か」、倉橋由美子「スミヤキストQの冒険」、中上健次「熊野集」等の強力な作品が並ぶ。菊池信義による装丁も書店の棚でひときわ目をひくものとなっていた。中でも、当時中上健次作品の文庫化は稀だったと記憶しているので、それだけでも講談社の気合いが伝わってくるような気になったものだった。

その後も石川淳吉田健一という、ぼくの2大贔屓作家の作品をはじめとして、これも文庫になったのか、と驚かせてくれる刊行が続いた。なかでも快哉を叫びたくなったのが、塚本邦雄の編纂したアンソロジーが続々と出現したことだ。「定家百首」は以前に河出文庫でも刊行されていたけど、「王朝百首」、「百句燦燦」、「西行百首」、「珠玉百歌仙」など枚挙にいとまがない。ぼくも全部を読んだわけではないけれど、どれを取っても読者を眩惑させ、陶然とさせる名選集で、ひたすら圧倒された。

塚本邦雄が現代短歌の巨人だったことはいうまでもないけれど、アンソロジストとしてもとびきりだったことがこれらの書物を読むと分かる。松岡正剛さんも「千夜千冊」で塚本をとりあげたときに絶賛していた。

こうしてぼくは「歌を見ている塚本邦雄という塚本像」に、新たに出会うことになったのである。ぼくがわざわざショーウィンドウの外に出たのに、塚本は塚本で、もっとどでかい「哀惜日本のショーウィンドウ」とでもいった光景を次々に披露していったからである。たとえば、『百句燦々』『王朝百首』『雪月花』『詞歌美術館』というふうに‥‥。
 わかりやすくいえば、選者および評釈者としての編集的塚本像の華麗な登場なのである。この才能はそうとうに図抜けていた。超編集力である。塚本の歌の選びっぷり、並べっぷり、そこからの擬同型な思いの合わせっぷり。こんな芸当をできる者は、歌人はもとより、文学者や編集者にもまったく見当たらないというほどの、絶妙だった。

1270夜『星餐圖』塚本邦雄|松岡正剛の千夜千冊

 

塚本のアンソロジーは、例えば大岡信による「折々のうた」のような、読者を日本詩歌の沃土にやさしく誘うようなものではないように思う。もちろんそうした側面もあるのだけど、それ以上に伝わってくるのは、塚本の日本詩歌の伝統に対するあり余る敬意と、現役の歌人としてその伝統を受け継ぐ覚悟であり、対決の姿勢だ。その塚本の姿勢が特に色濃いのが「王朝百首」と「百句燦燦」だろう。

「王朝百首」は小倉百人一首に秀歌はない、という認識から生み出された、綺羅星のような和歌が並ぶアンソロジーだ。さらに塚本は評釈だけではなく、現代語訳ならぬ“現代詩訳”をつけ加えた。その大胆な詩訳については、ぜひ手に取って確認して欲しい。

「百句燦燦」は現代俳句のアンソロジー。現代俳句は歌人である塚本にとって宿敵であると同時に、日本語の美を探求する同志でもある存在だ。塚本が選んだどの一句、評釈をみてもこうした塚本の気概が読者に迫ってくる。

これらのアンソロジーが大ベストセラーとなって、一家に一冊といった状態になることは、おそらくこれからもないだろう。けれども、日本語の美しさ、富を味わいたい人にとっては、このうえない宝物となるはずだ。

 

ただ私の欲しいのは一読目を射、たちまち陶酔に誘われ、その感動が逆に時代、人物、作歌技法の探求に向って行くという天来の妙音である

 

 (「王朝百首」“はじめに”より)

2019上半期:印象に残った10冊

はてなブログ今週のお題「2019年上半期」にのって、印象に残った本を振り返ってみる。上半期に出会った本で、このブログで取り上げたくてそのままになっているのは色々あるのだけど、少しずつ書いていくようにしたい。

※ランキングは読み終えた順

 

1)片山杜秀 「鬼子の歌 偏愛音楽的日本近現代史

鬼子の歌 偏愛音楽的日本近現代史

2)松岡正剛/ドミニク・チェン「謎床 思考が発酵する編集術」

謎床: 思考が発酵する編集術

3)藤井丈司「YMOのONGAKU」

YMOのONGAKU

4)郡司ペギオ幸夫「天然知能」

天然知能 (講談社選書メチエ)

5)山尾悠子「歪み真珠」

歪み真珠 (ちくま文庫)

6)山崎正和「リズムの哲学ノート」

リズムの哲学ノート (単行本)

7)石田英敬東浩紀「新記号論 脳とメディアが出会うとき」

新記号論 脳とメディアが出会うとき (ゲンロン叢書)

8)河原理子「フランクル『夜と霧』への旅」

フランクル『夜と霧』への旅 (朝日文庫)

9)平尾昌宏「ふだんづかいの倫理学

ふだんづかいの倫理学 (犀の教室Liberal Arts Lab)

10)ラス・ハリス「幸福になりたいなら幸福になろうとしてはいけない:マインドフルネスから生まれた心理療法ACT入門」

幸福になりたいなら幸福になろうとしてはいけない: マインドフルネスから生まれた心理療法ACT入門 (単行本)

ブラッド・メルドー『ファインディング・ガブリエル』

 

 想像以上に強烈な音楽で、一気に惹きこまれてしまった。

様々なキーボードを駆使するメルドーと、鋼鉄のようなマーク・ジュリアナのドラム。そこにシャープなホーンとコーラスが切り込んでいく様がスリリングこのうえない。

去年出たカマシ・ワシントンの新作でもコーラスが効果的に使われていたけど、カマシの方はスピリチュアルな面を強調する効果があったのに対し、本作はアンサンブルのひとつとして、他の楽器とからんで曲のテクスチュア―を立体的に拡げていくようにぼくには聴こえた。

くぐもった音色のメルドーのキーボードを聴いていると、ジャズというよりプログレ、それもカンタベリー系に通ずるものを感じるのだけれど、まぎれもなく現在の音楽として躍動しているのが素晴らしい。

これまでもすごい才能だと思ってはいたけど『エレゲイア・サイクル』を除いては、真に愛聴するところまではいかなかったメルドーの音楽。けれどもこのアルバムは何度も繰り返し聴いているけど、未だに新鮮に響く。ぼくにとっての愛聴盤が新たに増えたことがうれしい。

羽生善治「上達するヒント」

 

上達するヒント (最強将棋レクチャーブックス(3))

上達するヒント (最強将棋レクチャーブックス(3))

 

 先日、歴代最多勝となる1434勝を達成した羽生九段。将棋の普及の面でも大きな功績があることはいうまでもなく、数多くの棋書を刊行している。

代表的な著作としてまず、若き日の偉業である「羽生の頭脳」シリーズがある。当時の最新定跡を集大成したこのシリーズは、今でも基本定跡を学ぶための最良の書として推薦されることが多い。

また、次の一手形式で羽生さんの実戦を題材に終盤力を高めることができる「羽生善治の終盤術」も名高い。なんども「私(※羽生)の読みとあなたの読みを比べてください」というフレーズが出てくるけど、ぼく程度の棋力では「すみません。比べものになりません」というしかない(笑)。

他にも難解として知られている「変わりゆく現代将棋」や駒ごとの手筋集「羽生の法則」など、監修としてクレジットされているのも含めれば、硬軟さまざまの棋書が刊行されているが、その中にあってこの「上達するヒント」はユニークな位置にある。

もともとは棋書の刊行が少ない外国の将棋ファンに向けて書かれたもので、外国のアマチュアによる棋譜を題材にして、「構想」や「厚み」、「位どり」、「さばき」など、将棋特有の考え方について解説しているのだ。

将棋を覚えるために必要なものは、もちろん駒の動かし方とルール。そして簡単な詰将棋で相手玉を捕まえる感覚を養い、基本定跡を学んでいざ実戦・・・となるわけだけど、初めのうちは途中でいったいどう指し進めていけばよいのか途方に暮れてしまうことが多い。そんなときの基本方針となるのが「構想」であり、「厚み」や「位」、「さばき」などの本書で解説された概念だ。

ある程度の実力が備わった人にとってはこれらの概念は肌感覚でしみついているものだと思う。しかし、いざそれを初級者に分かりやすく説明しようとすると、かなり困難であるだろう。決まった手順というものがないからだ。「数多く指していけばわかる」とか「そういうものだから」でお茶を濁してしまいがちになるのではないだろうか。

そんな難題を羽生さんは本書の中で実に分かりやすく解き明かしてくれている。題材がプロではなくてアマチュア、それも初級者同士から有段者に至るまで、さまざまなレベルの棋譜を元にしているのにも驚かされてしまう。玉石混淆の題材から、テーマに沿ったポイントを的確により分けて、明晰に解説をするという優れた知性のはたらきを、この本で読者はまのあたりにできる。

実際に指す人はもちろん、解説をもっと理解できるようになりたいと思っている「観る将」にとっても本書は有益な示唆を与えてくれるだろう。